本文へスキップ

公認 やちよ中央自動車学校は、千葉県公安委員会より指定を受けた公認自動車教習所です。

TEL. 047-484-8341

〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田211

交通安全運動HEADLINE

 平成29年 夏の交通安全運動

 夏休み時期は、子供たちや若者の解放感から起こる事故や、夏の行楽シーズンに伴う交通量の増加などによる事故の発生が懸念されます。
 そこで、夏休み直前のこの時期に、交通安全教育や広報・啓発活動を集中的に展開することにより、県民一人一人に交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付け、交通事故防止を徹底することを目的に実施します。

実施期間

平成29年7月10日(月)から7月19日(水)まで

スローガン

〜 まだ行ける 渡れそうでも 待つゆとり 〜

運動の重点目標

  • 子供と高齢者の交通事故防止
  • 自転車の安全利用の推進(特に「ちばサイクルール」の周知徹底)
  • 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶

3(サン)・ライト運動実施中!!

〜夕暮れ時から夜間の交通事故防止〜

ライト(前照灯):早めのライト点灯、小まめな切り替え

○ 早めの点灯により、歩行者等が車を発見しやすくなり、また、道路を横断するときなどの判断の誤りを防止することができます。
○ 対向車がないときは、小まめにライトを上向きにして歩行者、自転車の早期発見に努めましょう。
  ※前照灯の下向きは「すれ違い用ライト」、上向きが「走行用ライト」です。

ライト・アップ(目立つ):反射材、LEDライト等の活用

 歩行者・自転車は、反射材やLEDライト等を身につけ、目立つようにしましょう。

ライト(右):右からの横断者にも注意

 交通死亡事故で最も多いのは、車から見て右側から横断してくる歩行者との衝突です。道路の右側にも注意を向けて走行しましょう。

「3・ライト運動」の歌を覚えて交通事故を防止しよう!

 シンガーソングライターの奥華子さん作詞・作曲の「3・ライト運動の歌」を交通事故防止キャンペーンで使用しています。皆で歌って、交通事故を防止しましょう。歌は千葉県警ホームページ(コチラ)で聞くことができます。


ちばサイクルール

ちばサイクルール ちばサイクルールは、平成29年4月に施行された「千葉県自動車条例」周知徹底のために作成した、自転車利用者に守っていただきたいルールです。自転車事故防止には、車道の左側を走ったり、ながら運転をやめたりなどの乗車中のルールを守ることのほかに、日頃の点検整備や自転車保険加入など自転車に乗る前の準備が大切です。

自転車に乗る前・乗る時のルール

自転車利用者の責任

 自転車は便利な乗り物ですが、車の仲間です。事故を起こせば車両として責任が問われます。

刑事上の責任
 重過失致死傷罪が適用されることが多く、法定刑は5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金となります。(少年事件では、一般的に家裁送致となるため刑罰が適用されるケースは希ですが、特に悪質との審判を受けた場合、刑事裁判で罰金刑を言い渡されることがあります。)
民事上の責任
 加害自転車の運転手は、民法709条の不法行為責任を負うこととなります。収入がない小・中・高生が加害者となった場合、賠償金の支払いが大きな負担となります。
道義上の責任
 刑事、民事上の責任のほか、被害者に対する謝罪や就業規則(校則)に基づく処分など、さまざまな免で責任を取らなければなりません。

自転車事故を起こさないためにも、交通ルールを守りましょう。


千葉県・千葉県交通安全対策推進委員会発行 「思いやり交通千葉」より

バナー

スペース

公認 やちよ中央自動車学校

〒276-0046
千葉県八千代市大和田新田211

TEL 047-484-8341
FAX 047-483-6355